支払日が過ぎていても任意整理で解決できる?

★無料カウンセリング
「債務」が増え自分では解決出来ないときは、専門家に解決してもらうのが一番です。しかし、初めての事で何から初めていいのかわからない方が多いのではないでしょうか。弊社では法律トラブルを抱えた人が気軽に利用できる「無料カウンセリング」を行っております。債務整理に役立つ法制度などを専門家が紹介致します。経済的に余裕のない方もまずは無料で相談にのり、弁護士・司法書士等の専門家に依頼しやすい環境を整えております。
★任意整理とは?
支払日が過ぎても支払いのめどがたたずお困りの方には、「任意整理」をお勧めしております。任意整理とは、利息をカットした無利息での支払いです。裁判所や役所などの公的機関を通さず、弊社がカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)と直接債務交渉します。様々な債務整理の中で最もよく使われている手続きです。
l 任意整理のメリットについて
任意整理には大きなメリットがいくつかあります。この手続きは利息をなくす事によって減額できた元金のみを3年~5年かけて返済していく、という方法です。任意整理の和解によって将来の利息を無効にする事が可能です。任意整理の和解交渉は、弁護士・司法書士が代理人となって行いまますので、ご家族や会社に知られることもありません。必要書類は全て代理人の弁護士・司法書士に届きます。公的機関を通さず処理するので役所や裁判所へ報告する必要もありません。通常の謝金返済には、利息制限法という法律に沿って利息が設定されています。利息制限法とは、借金の利息の上限を定めたものでこれを超える利息を無効にできます。具体的に言いますと、金額に応じて15~20%まで上限金利が設定されています。ところが貸金業者の多くは利息制限法の上限利息を超えた、高金利の29%台で貸し付けを行っており、こういった違法行為から消費者を保護する為に制定された法律と言えます。
l 延滞損害金もカットできる
委任整理によって延滞損害金をカットする事ができます。「遅延損害金」とは、返済が遅れてしまうとそれに加えて発生する延滞利息の事です。遅延損害金は、延滞日数などが増えるほどそれに伴い増加していきます。任意整理では、延滞損害金もカットできます。任意整理によって、利息を再計算し直し過去(賃金業改正前の2016年6月以前)に過払い金が発生していた場合は、それを元本返済に充てる事ができます。また、返済が始まった後もあなたの収入と支出に合わせて、月々の返済額を生活に支障のない範囲に減額することが可能です。任意整理が始まると、今ある全ての借金を整理する事になるのか、と思われれる方が多いと思いますが、生活に支障のある車のローンや学生ローンなどを外して、無担保のローンのみ処理をするのが一般的です。裁判所を利用する個人再生や個人破産ですと、車のローンや奨学金など全てが対象となります。これは債務整理の中でも任意整理だけが、認められているルールですので先に申し上げました、車のローンや学生ローンなどの種類の債務を持っている人にはメリットとして働きます。
★カード会社からの請求がストップする
次のメリットとして、任意整理中は支払催促を止めることができます。弁護士・司法書士に任意整理を依頼すると「受任通知」をカード会社に送ることによって、カード会社はあなたへの取り立てをやめなければいけません。受任通知とは、弁護士・司法書士がカード会社などの借入先に対して送付するる書類です。依頼者の氏名や住所、代理人となっている弁護士・司法書士の氏名や事務所の名称を記載します。催促の停止や借入等の取引実績のデータ開示を要求する事が可能となります。そして、「これらは弁護士・司法書士が受託したので、すべて弁護士・司法書士に連絡して下さい。」と書いてあります。受任通知の送付方法は、普通郵便やFAXです。受任通知の送付よって、様々な法的効力であなたの利益を守ります。支払催促をそのままにしておくと、そのうち業者が自宅を訪ねてくることがあります。現在の法律では、カード会社の自宅訪問を禁ずることができず、時間や請求内容を守り自宅訪問するのであれば、何ら問題はありません。また、安定した収入があるにも関わらずそのまま支払いを延滞していると、収入の有無のよってカード会社の対応も変わってきます。いくら要求しても返済をしない場合、法的手続きによって、給料を差し押さえられる場合もあります。この手続きは強制執行となりますので、勤務先や家族に借金をしられてしまうリスクがあります。ですので、早めの受任通知の手続きをお勧めします。弁護士・司法書士からの受任通知がカード会社の手元に届くと、カード会社は、あなたに対して直接連絡をしてこなくなります。もし、弁護士・司法書士の受任通知受領後にあなたに督促をすると、貸金業者は法律違反となり金融庁から行政指導を受けて業務停止となります。それに対して、あなたは行政処分の申立てをしたり、弁護士・司法書士を通して抗議する事が可能です。まともな貸金業者は、受任通知受領後にあなたに対する督促を一切行いません。また、銀行は貸金業者ではありませんが、銀行などの金融機関もこの法律に従い、上で述べた事情を考慮して、弁護士・司法書士に任意整理を依頼したその日から3日以内くらいの間に、カード会社からの取り立てが止まります。
★支払いをストップできる
最後のメリットとして、任意整理後、借金支払いを止める事ができます。任意整理を依頼して和解成立までスムーズにいって約3か月ほどです。長くて6ヶ月程かかります。受任通知が送付されると支払いがストップし、和解契約の締結後規定にのっとって支払いが再開します。入金先は通常は法律事務所となり、弁護士・司法書士にまとめて払い、それを各業者に割り振っていくという流れが一般的です。委任整理は一度も支払滞納してはいけない契約となっています。支払いを滞納した場合、和解成立契約書に沿ってペナルティが課され、弁護士・司法書士に辞任されたり、金融業者から返済催促されるリスクがありますので気をつけてください。
★債務整理についてまずは弁護士・司法書士に相談しましょう
こういった手続きを経て、誰にもしられる事なく自力で借金完済を目指す事ができます。任意整理には信用問題に傷がつきブラックリストに載ってしまうなどデメリットもいくつかありますが以下の、
l 無利息での支払いが可能
l 任意整理中の支払いを止める事ができる
l カード会社からの取り立ても止まる
といった、大きなメリットがあります。毎月支払いをし続けても残金が減らないのは利息付だからです。任意整理によって借金問題を解決し、生活の立て直しが可能です。先の見えない債務におひとりで悩まず、まずは弊社にご相談ください。